瀬戸内海の島レポート~怒和島編~

スポンサーリンク


erinameccoです。

動画撮影のロケハンで、

怒和島に行ってきました。

Image_1cb09bf

 

高浜港から、フェリー(高速艇で30minほど)にある、

「日本で一番働く島」と呼ばれるほど

農業や漁業が盛んな島です。

 

Image_8739f84

玉ねぎ畑(下)とみかん畑(上)のコラボです↑

 

忽那諸島といえば。

田中政利会長。

Image_e87384c

(田中会長の怒涛の半生については、長くなるので割愛。。)

 

erinamecco と田中会長は、

『観光キーパーソン集会』という、

観光庁協力のもと、松山市と商工会が主催した催しで、

同じ地元側のパネリストとして、出会いました。

Image_e0ad78b

 

海と船について、

島での暮らしについて、

いつも勉強させていただいています。

 

会長の後ろにある桜は、『陽光桜』。

http://www.movie-yoko.com/

愛媛県が舞台の映画(的場浩司さん主演)にもなった、

有名な桜です。

Image_1c054a3

 

 

この日は、

朝7:40の高速艇で8:20頃に、『上怒和』に到着。

Image_129eb9e

怒和島からの、景色↑

 

会長の奥様から、

手絞り『せとか』ジュースをいただきました。

Image_dfbf8cb

グラス一杯分で作るのに、高級柑橘せとか×4個使用とのこと。

甘すぎるほど甘い、贅沢ジュース。

Image_749ce40

 

 

そして…会長の船、『ちどり』で出港。

Image_8606649

 

向かうは、双子島
(完全な無人島。撮影内容は、リリースOKになったらお伝えします。)

Image_68e69d2

ちどり操縦席↑

 

Image_e62cdaf

↑このおしゃれなライフジャケットを着ないと、

絶対に船に乗せてくれない会長…。

 

Image_40736b9

エンジンを回すタイミングや暖機運転の回転数など、

船上レクチャーしていただき、

※レクチャーいただくものの・・・
もう3年ほど?のお付き合いですが、
erinameccoは、会長の言葉を半分くらいしか理解できません。
島の方言+独特の間合いとスピード感。。

 

10分ほどで到着。

Image_d37aaa2

 

ロケハンを終え…

当日の段取りの打ち合わせを終え…

最終の、島内ロケハン。

Image_0ac2872

軽トラの荷台で、島をぐるっと一周。

Image_9447207

瀬戸内海と思えないほどの、

澄んだブルーの海。

Image_3f76161

トンネルを抜けると、そこは海。という

絶景ポイントが怒和島にはあるのです。

Image_e92cac3

 

会長の栽培している玉ねぎを収穫。

Image_ea8ab01 Image_cf98b98

玉ねぎin大地。を初めて 見て戸惑うerinamecco↑
最初、東京ネギかと思いましたよ。

お庭にあるピザ釜で、ピザを焼くこと8分少々…。

Image_f0253ca

『サザエピザ(肝入り)』や

『アワビピザ』や

『ひじきピザ』など。

Image_31afe6f

わざわざピザにしなくても…という突っ込みはさておき。

 

斬新なメニューですが、どれもとびきり美味しい!!

Image_88e05ce

玉ねぎの天ぷら、アナゴの天ぷら、

巨大だし巻き卵(?)

ヨーグルトwithかぶすマーマレードetc…..

 

 

島人ならではのおもてなしに、

帰るころには、おなかが…ではなく、

胸がいっぱいになります。

 

 

瀬戸内の島に行ってみたい。という方。

ミシェルまでご連絡いただけましたら、

愛媛県が誇る、

かつて、水軍が愛した潮流と凪の海が織りなす

絶景の里島に、ご案内いたします。

Image_b09d4f9

I love Seto Island Sea.

 

erinamecco

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク