ふるさと四国でUターン起業した理由

スポンサーリンク


クルミです。

29歳になったら、

自分自身で分岐点の選択をしようと決めていた私。

image

 

約7年、株式会社リクルートで働いていて、

続けるか。

転職をするか。

起業をするか。

 

28歳の私は、あっけなく起業を選択しましたが、

実は、

起業したくてリクルートに入ったわけでもなく、

もともと起業欲求が強くあったわけでもありません。

むしろ、どちらかというと、

私、サラリー気質ですし…(笑)

 

でも、そんな私が、結果的に

《四国でUターン起業した理由》

まとめてみました。

 


 

 

①愛する家族(父母)のいる場所を拠点にしたかったから

image

東日本大震災がひとつのきっかけになりました。

その日、私は東京の本社ビル37階にいました。

それはもうすごく揺れました。

壁にはヒビがはいるし、

遠くのコンテナは煙が立つし(涙)

何が起こったのか分からず、

本気で死を考えてしまうほどでした。

そんなとき、

声が聞きたい、会いたいと思った父や母や妹や弟。

逆に、父や母に何かあってもここにいたら

私はすぐに会えないのかと。

転勤になってから、四国に帰るのは盆暮れ正月。

ここにいてはきっとこんな調子で、

慌しく年月が過ぎていってしまう。

私は何にもまだ親孝行していないのに。

今と同じように

あちこち行きながら楽しい仕事をして、

戻るところは大好きな家族のいる四国。

そんなスタイルにしたいなと思いました。

 

じゃあ四国に戻って就職したら?…

という意見もありましたが、やはり

地方へのU、Iターン就職のネックとなるのが、

これまでの経験と知識を生かした

こだわりの仕事と、能力に見合った給料。

これがとにかくマッチングしない。

ならば、起業という選択のほうが未来を感じます。

 

田舎に戻ったらつまんないよ?…

という意見もありましたが、

都会は月に1,2回いって散財すればいいんです。

東京は暮らすより遊ぶほうが、私は好き。

相当お金持ちだったら違うだろうけど、

一般的には、暮らしていたら

1DKのマンションに、満員電車通勤。

だったら、たまに遊びにいって、

素敵なホテルステイをして、

素敵なディナーをするほうが私は楽しいですね。

 


 

②自分の時間をぜんぶ自分で自由に扱いたかったから

image

とにかく朝が起きたくないんですよね、わたし…(笑)

2時や3時まで飲んで、次の日7時起きとか…

もう、ストレスでしかなかったです。

「朝、すきな時間に起きた~い!」

という想いも含めて、

誰かに時間を決められる生活から

脱してみたいと思いました。

会社にいると、

安定した給料と福利厚生をいただく代わりに、

自分の時間を労働という対価で差し出しているので、

出社時間、作業時間などルールのもと

動かなくてはならない。

もちろん、自由になるということは、

また違う苦しみもありますから、

どちらが良いというわけではないですが、

一度、自分の時間を自由に扱ってみたいと

考えました。

当時は、朝9時から0時を越すまで

働くのなんてザラでした。

会社から強要されていたわけではありません。

仕事がしたくてしていましたし、

アドレナリンが出ていたので、

それはそれですごく楽しかったです。

でも28歳くらいのとき、ふと、

今はこれで楽しいけど、

このまま30代、40代も同じ生活を私は続けたいの?

と自問したとき、

あぁ、もうちょっとゆとりのある

自分らしい時間の使い方に切り替えたいなと

思いました。

おかげで、今は、あのころに比べたら

仕事に割いている時間は半分以下ですね。

 


 

③一緒に起業する絶対的味方がいたから

image

パートナーのerinameccoがいたから起業できた、

といっても過言ではありません。

erinameccoに相談したとき、

「クルミさんが起業するなら、

私も一緒にやりますよ。」

とすかさず言ってくれました。

それがなかったら、

結局は、起業していなかったと思います。

最初に絶対的味方、同志、

パートナーがいるかどうか。

これは私には大きかったです。

そして、起業するにあたって必要な

「商品」「資金」「人」。

これらが退職までに揃えることができたのも

erinameccoのおかげです。

当たり前ですけど、

退職のタイミングで

起業できる条件が整っていたからこそ、

私は起業できたのですから。

erinameccoに出会えた私の幸運に感謝です。

 


 

④選択肢の中で1番想像のつかない道を選択したかったから

image

私は「今が起業のタイミングだ!」と

思って選択したのではなく、

29歳で何か新しい道の選択をしよう!と

思っていただけでした。

そして、その選択の年になったとき、私には、

続ける、転職する、起業する、という

3つの選択肢がありました。

その中に、

起業という選択がリアルにあるということが、

私にとってはスゴイことだなと思いました。

なんとなく、

起業が1番チャレンジングで

想像がつかない道でしたから、

せっかくその道があるのであれば

乗っからないのはもったいないなと。

 

あと、リクルートという会社が

起業のハードルを下げてくれたのは確かです。

リクルート出身者は本当に起業する人が多いので、

起業という感覚が通常より

身近に感じられていたのも、

ありがたいことかもしれません。

 


 

⑤どうせ起業するなら早いほうがいいと思ったから

image

年を重ねれば重ねるほど

慎重になってしまうのではないかと思い、

20代の今のほうが勢いもあるだろう!

という気持ちがありました。

それに、次の選択の年は、

3年後と自分で決めていましたから、

起業して3年やってみて、

もうこりゃムリだ!となっても、

まだなんとか32歳(笑)

リクルートには素敵な諸先輩方がいらっしゃるので、

32歳だったらまだ誰かが

拾ってくれるだろうというコンタンも…(笑)

もちろん30代は結婚、出産など

女性特有の環境の変化もあるかもしれませんから

29歳である、今しかないかなと思ったわけです。

(今のところその変化はありませんが笑…)

 


 

 

もちろん、起業には「夢を叶えたい!」「やりたいことを叶えたい!」という情熱が必要です。

でも、こんな風に働き方のスタイルのひとつとして、起業を選べるくらい、

今は起業のハードルは下がっていますよね。

 

起業はリスクが高い印象もあるけど、

目まぐるしくすごいスピードで進んでいく

この現代において、

今いる会社が10年後、20年後、30年後あると思う?

と考えたら、それも結構なリスクです。

 

何が正しい選択か、というのはないけれど、

一度きりの人生は、

誰でもないわたしが決める選択の連続なのだから、

自分らしく生きるための選択をしたいですね♪

 

 

クルミ

 

スポンサーリンク