四国こんぴら歌舞伎大芝居行ってきました♡感想つきレポート

スポンサーリンク


クルミです。

第32回四国こんぴら歌舞伎大芝居。

私も見に行ってきました💖

グラフィックス1

 

「こんぴら歌舞伎」が行われた

旧金毘羅大芝居(きゅうこんぴらおおしばい)

についてはこちらから⬇︎⬇︎⬇︎🌸🌸

愛之助さま結婚後の初舞台💖四国の春の風物詩「こんぴら歌舞伎」がまもなく。

 

image

芝居小屋へと続く坂道。

ワクワクします💕

 

image

もちろん相方はこのひと❤️

どんだけ仲良しなの…とよく言われます💕笑

 

image

到着✨

image image

かわいいお土産ものもいっぱい。

 

そして、中に入ります💕

image image

日本最古の歌舞伎座です✨

 

せっかくなので、ちょっと長々とはなりますが

舞台の感想を書かせていただきます💕

 

午前の第一部は、

お芝居とお芝居の間に

四代目中村鴈治郎襲名披露の口上があるのですが、

午後の第二部には、

口上がなくその代わりお芝居とお芝居の間に

華やかな舞を見ることができます。

 

私は第二部のほうを観劇しました。

 

第二部のまずひとつめは、

「あんまと泥棒」というお芝居です。

 

登場人物は

香川照之こと市川中車が演じる

盲目のあんまと、

片岡愛之助が演じる泥棒の

ふたりだけ。

 

その会話のみで展開するという物語が

特色であり魅力で、

演者おふたりの台詞の掛け合いが

聞きどころでした。

 

したたかで図太いあんまと

気弱でお人よしな泥棒という

対照的な人物が繰り広げる台詞劇。

 

あんまである市川中車のオーラと

台詞の力強さに圧倒されます。

その迫力と圧巻の演技は、

少し片岡愛之助が霞むくらい、

独壇場のようでした。

image

ただ、片岡愛之助の

最後の花道を通るお顔とお姿は

歌舞伎役者独特の華やかさとオーラでした✨

image

 

ふたつめは「鷺娘」という踊りです。

唄、三味線、笛、小太鼓、大太鼓の音色に載せて

ひとり舞う中村扇雀の姿は、

息をのむ美しさです。

衣裳が7回ほど彩りよく変わる華やかさも見ころ。

 

image

中村扇雀演じる鷲の精が、

道ならぬ恋に落ちた白無垢姿の娘の姿となって

しずかに現われ、

恋心に身悶える様子を踊ります。

白と黒のコントラストで静かなシーン。

 

衣裳を引き抜き、可憐な町娘へ。

さらに衣裳が引き抜かれ

あざやかに一変するシーンでは

「成駒屋!」という掛け声、

大きな拍手が沸きあがります。

 

そして最後の見どころ、

天井から雪が降りかかる美しい場面。

苦しそうに羽を羽ばたかせる

最後の舞があります。

もうこの美しさったらない。

これは、もうなんと言っていいか…笑

とにかく、すばらしかったです💖

 

 

そして最後のお芝居は、「封印切」。

image

中村鴈治郎が

遊女を身請けする主役、色男忠兵衛を演じ、

その遊女梅川を中村壱太郎、

遊女を横取りしようとする八右衛門を片岡愛之助、

店の主人を市川中車、

女将を中村扇雀が演じています。

 

内容は省きますが、

中村壱太郎演じる遊女がもう

ため息をつく美しさと若さの色気。

やばいです💖💖

image

 

そして、こちらも

市川中車の存在感たるや✨

鴈次郎と愛之助がふたりで掛け合う場面で

中車はただ後ろで何もせず

だまっているだけなのですが

その表情と存在感がまたたまらなかったです。

 

どうしても鴈治郎さんの風貌が

おちゃめな感じに見えて、

悪い役の愛之助さんが

見た目的に色男に見えてしまうので、

役のキャラが少し逆な感じはしましたが

約1時間あっとゆうまのお芝居でした。

 

大満足💕💕

楽しく観劇いたしました✨

 

image

今年も四国の春の風物詩が終わりました。

また来年も来たいな💖

image

 

桜もこんぴら歌舞伎も終わり、

待ちかねた瀬戸内海の夏はもう目の前です🌴

 

クルミ